医師専門のコンサルタントを知っていますか?

日々患者さんの治療に励む先生の中には、日ごろの激務に対してアップアップになっている人も少なくないでしょう。
はたまた、現実的には安定した医師としての仕事ができていても、どことなく不安を感じる人も多いかもしれません。

人間が働いていくにつれ、より良い環境を求めるのは当然のことです。
┗従業員満足度が高い病院で働く
https://dr-saiyo.child-clinic.or.jp/

特に、過酷な現場で日々奮闘する中では、少しでも自分がベストな環境で安定して仕事をし、安定した治療を計画していくことは、皆さんの願いかもしれません。
こうした不安が生まれる原因としては、いくつかの要因が考えられます。

不安が強いのは現在の立ち居地がわからないから

ストレスフルな環境はもちろん自分自身に不安を与えますが、原因はそれだけではありません。

ひとつは、自分の環境以外を知らないということがあげられます。
今まで勉学に励み、そして実際の臨床の現場に出て、自分のフィールドを作ってこられたことと思います。
しかし、自分の働く環境以外で、同じ職種である先生方が本当の意味でどのように働いているのかというのを知っている方は、意外と少ないのではないのでしょうか。

もちろん、仲間内でさまざまな噂や近況を聞くことはあるでしょう。
しかし、その方もその現場しか知らないということが多数ではないでしょうか。

それが広く業界的にどのくらいの環境であるのか、一般的なのか、良い環境なのか、そうしたことは仲間内の会話だけではなかなか把握するすることができません。

コンサルタントに相談することは環境を知ること

医師転職において、コンサルタントという存在に相談することは、こうした不安を解消する大きな解決策でもあります。
転職コンサルタントは、先生のいる職場に限らず、その他多くの職場の情報と医師の募集を担っている人材です。
そして、それらの情報を適切に伝え、個々人のよりよい場所へと導いていくのが役割です。

たとえ転職をしなかったとしても、情報収集としてコンサルタントをうまく使い、日ごろから外部の環境を知ることで、自分の環境との対比ができますから、安心して「次」を考えることができるというものです。
転職したい医師はもちろんのこと、もしかしたら今の環境でも十分に生かすことのできるノウハウを取り入れることができるかもしれません。

お悩みの先生は、是非コンサルタントを一度頼ってみてはいかがでしょうか。
大抵のコンサルタントは、情報提供だけであればほとんど無料ですから、有益な使い方ができると考えられますね。

転職コンサルタントを使うメリット

コンサルタントを怖いと思っていませんか

現場でがんばる先生方の中には、転職や積極的に外部の環境を考える余裕のない方も大勢いらっしゃいます。
しかし、そういう先生ほど、今の環境や状態をなんとかしたい、よりよい治療を患者さんに提供していきたいと考えているまじめな方が少なくありません。

多くの先生が後におっしゃることの中に、「コンサルタントが怖い」というものがあります。
医療界というのは非常に特殊な世界です。
こうした中で、医師が時間に追われつつ、労働基準法に抵触しつつも、過酷な労働をしているということを真の意味で理解している人はかなり少ないものがあります。

ぽっと来たコンサルタントに「先生は大変ですね」「すばらしい」と持ち上げられ、結局は医師の転職のノルマをこなすための道具にされてしまうのではないかという思いを持つ人が少なくありません。

しかし、そんな切羽詰った状態にいる人ほど、コンサルタントという存在の恩恵を受ける人でもあるのです。


コンサルタントは職場の状況を把握するプロである

コンサルタントという職業は、単なる営業ではありません。
もちろん医師の募集の話を紹介したりと医師の転職を斡旋するという意味では、その営業という考え方は間違いではありません。
しかし、コンサルタントの本質はそことは異なるところにあります。

コンサルタントの魅力として特徴的なのは、医師が所属する医局、そして臨床現場の雰囲気を誰よりも客観的に理解しているということです。
それは何もあなたの職場の話に限ったことではありません。
ほかの病院の、ありとあらゆる科の情報をデータベースとして持っているという利点があります。
これは単純に自分たちが噂話で得られるものとは根本的に質が異なります。

そもそも医師の転職も念頭に置いた情報の把握において、コンサルタントはやみくもに行き先を選んでいるわけではありません。
それぞれの職場の奥まできちんと調査し、また数量的に計れない雰囲気や人間関係なども含めて総合した情報としてそれを伝える能力も有しています。

医療分野のこうした職場情報に特化した職業がコンサルタントであり、また医療知識も特殊な研修と勉強により、ディスカッションに耐えうる情報が豊富に頭の中に用意されているのです。
そしてこれを元に、必要な方に必要な勤務先の紹介を行っています。

先生の現在の状況をいち早く察知し、そして真の意味で必要としている情報を先生方に届けることこそがコンサルタントの役割。
その上でディスカッションにより、よりよい価値を模索していくことがコンサルタントの真価と呼べます。

ですから、まずはその情報量の多さの恩恵を得るため、そしてそこから現状を把握するためにも、相談が出来るコンサルタントと一度お話されてみることをお勧めします。


医師転職サイトのコンサルタントに相談してみよう

片桐先生

転職するなら転職サイトを利用するといいと聞いたのですが、どのようなサイトを選べばいいのかわかりません。
転職経験のある小林先生は、そもそも転職サイトを利用したのでしょうか。

小林先生

はい、確かに転職サイトを利用しました。
私も最初は転職サイトの選び方に迷いましたね。
医師の転職専門サイトはいくつもありますし、失敗したくなかったので、一通り利用してみました。

片桐先生

すごいですね。
転職サイトはかなりの数があるのに、それを一通りですか?!
恐縮ですが、オススメの転職サイトがあれば教えてください。

小林先生

私が最終的にいいなと思ったのは「医師転職ドットコム」です。
株式会社メディウェルというコンサルティング事業の運営や人材紹介サービスを提供している企業が運営している、医師の転職に特化した転職サイトです。

片桐先生

医師転職ドットコムをおすすめする理由はどこにあるのでしょうか。

小林先生

先ほども言いましたが、私はいくつものサイトやサービスを利用しました。
それぞれのキャリアコンサルタントにも話を聞いてもらいましたが、医師転職ドットコムのコンサルタントが、最も知識量が豊富であり、求人を出している医療施設の内情についても熟知していると感じたんです。
一言で言えば、信頼感が違いました。

片桐先生

確かに、アドバイスをくれるキャリアコンサルタントの知識量や、病院などにどれだけ精通しているかは大事なポイントですよね。

小林先生

求人数が他の転職サイトと比べて多かったことも決め手です。
公開求人数と非公開求人数はおおよそ比例していて、公開求人数の多い医師転職ドットコムは非公開求人数も多く、私自身もいくつかの紹介や提案を受けることができました。
選択肢を提示してくれたのは本当に助かりましたね。

片桐先生

なるほど、確かに選択肢は少ないよりは多いに越したことはありません。

小林先生

にもかかわらず、独占求人が多いんです、この転職サイトは。

片桐先生

独占求人とは何ですか?
医師転職ドットコムが求人を独占しているということでしょうか。

小林先生

その通りです。
他の転職サイトでは紹介してくれない求人を多く抱えているので、他の医師と競争せずに転職先を決めることができるんです。

片桐先生

たくさんの求人を抱えているサイトだからこそのメリットですね。
私も医師転職ドットコムに相談してみます。

小林先生

頑張ってください。
コンサルタントの方は本当に親身で、しかし、客観的な視点で的確なアドバイスをくれますから、とても信頼することができますよ。

 

質問や本記事についてのご感想をください。

[お名前]
[評価]
[コメント]※必須